ばばあの世界から

モラハラ?夫との結婚を2回した私は何とか生還するために日々悶々としています。真面目に綴ると泣きそうなので少々面白おかしくブログを書いていこうと思いますw 是非ばばあの世界を覗いてみて。 子持ち 盗んだバイクで走りだしたような世代よりちと下 アムラーの時代

カテゴリ: これまでの経緯(結婚のち離婚のち復縁結婚)

留学してしばらくたまたま誘われた日本人パーティー。そこに居たのが鬼雄(夫の仮名)だった。後から聞けば、わざわざ私を誘い出すために友人をフル活用して開かれたパーティーだったと。強烈なアプローチは当日から始まり、あっという間に私は6歳上の鬼雄にオチた。 若か ...

鬼雄(夫)と私の生まれ育った地は離れており飛行機でしか行けないのであった。よって遠距離恋愛は必須であったのだ。帰国して一年弱、若い二人は早まった。 鬼雄は、家業に入り後は嫁さえいれば万々歳といった人生設計だっただろう。片や私は、六歳下の為せっかく海外ま ...

最初の離婚から二年ほどが経ったある日。知らない番号から着信があった。 その頃私はあれやこれや必死こいて生きていく為、何かを成す為働いていた。恋人なんてのも居なかった。 親友のマブミ(仮名)が一緒に居た為、私が何回鳴っても取らなかったその着信に答えた。 ...

私は、傍から見れば阿呆の極みだろうが自分的には慎重になっていた。鬼雄(夫)と再会を果たし、また男女の仲になるも再婚は直ぐしないと。 だけれども、そうは問屋が卸しません。 本当にやり直せるのか。鬼雄とやっていけるのか。鬼雄じゃなければいけない理由はある ...

検査を繰り返しありがたい事に私はお子を授かりやすいという数値が出る。結果一発で妊娠する。しかし、不妊治療は体の構造上やっぱり女性に負担が大きい。毎日自分の下腹に排卵誘発剤二種類を覚悟して自己注射。あれ針を刺す瞬間より液体をチューと注入するのが痛い……。そ ...

↑このページのトップヘ